1. HOME >
  2. 登録企業の紹介(検索) >
  3. 日本ガイシ健康保険組合

印刷する

日本ガイシ健康保険組合

ニッポンガイシケンコウホケンクミアイ

  • 1~30人
  • 医療法人/サービス業
  • 日本ガイシ健康保険組合
  • 日本ガイシ健康保険組合
所在地 〒467-8530
愛知県名古屋市瑞穂区須田町2番56号
社員数 24名
業種 医療法人/サービス業
業務内容
日本ガイシ健康保険組合は、日本ガイシ(株)・日本ガイシ労働組合・NSKで働く被保険者及びその家族が業務外のケガ、病気、出産、死亡した時に必要な医療や手当等を給付し生活の安定を図ります。また保険給付だけでなく、病気の予防や健康づくりの為の様々な保健事業を実施します。

健康経営に関する
自社のセールスポイント

健康経営に関する自社のセールスポイント

〈日本ガイシ健康保険組合健康宣言〉
日本ガイシ健康保険組合は、加入者の健康増進はもとより 従業員の安全と健康を経営の基盤と捉えて 活き活きと働くことのできる職場環境と健康風土づくりを行い 従業員一人ひとりが自らの健康維持増進に努められるよう積極的に取り組みます。
    ・人に優しい、働きやすい職場環境の提供
    ・経営者、従業員とその家族を含めた健康風土づくり
    ・早期発見と重症化予防
    ・心の健康への支援



すべて開く閉じる

取組状況について

保健指導の実施

  • 期間
    2018年09月~現在継続中
  • 取組内容
    特定保健指導実施率の向上
  • 取組に対する成果
    特定保健指導実施率100%達成
  • 工夫したところ
    ・被保険者に対し所属長を通し特定保健指導を通達。不参加者に対し受診勧奨を行う。
    ・被扶養者に対し健康診断時に特定保健指導該当者には初回面談実施し特定保健指導実施率を向上させた。
    また夫婦一緒に食事・運動も含めた宿泊型保健指導も行う。
    ・リピーターの特定健診指導への参加を促すため、新たな保健指導委託先ならびにプログラムを取入れることも検討中。

運動機会の促進

  • 期間
    2017年09月~現在継続中
  • 取組内容
    健康への意識向上を狙い、被保険者に毎日取り組む内容(体重、血圧、歩く量、ラジオ体操、階段使用等)を2つ宣言をさせたうえで、日々の達成状況を記録してもらい評価する。他に、健保主催で体力測定、ウォーキング指導会、ウォーキングイベント2回/年実施。けんぽれんあいち主催の健康ウォーキングにも参加。
  • 取組に対する成果
    健康宣言参加率100%達成。
  • 工夫したところ
    ・名刺サイズの健康宣言カードを作成し日々携帯出来るようにした。
    ・取り組み内容ごとにA4サイズの説明書(目的・効果)を作成した。
    ・インセンティブとしてクオカード贈呈。

女性の健康保持・増進に向けた取組

  • 期間
    2018年09月~現在継続中
  • 取組内容
    ・婦人科健診・検査しやすい環境整備
    ・妊娠中の従業員に対する業務上の配慮
    ・生理休暇等を取得しやすい環境整備
  • 取組に対する成果
    子宮がん検診受診率 100%達成。
  • 工夫したところ
    被保険者に対し、健康診断時に子宮がん検診も実施出来るようにした。
    被扶養者子宮がん検診を全額補助にし、受診率向上を狙う。

受診勧奨の取組

  • 期間
    2000年09月~現在継続中
  • 取組内容
    ・再検査、精密検査、要治療者に対し、個人宛通知にて受診勧奨実施。
    ・診療所にて行う再検査、治療は勤務時間内実施。
    ・がん精密検査費用会社補助。
  • 取組に対する成果
    H30年度結果 精密検査受診率 100%
  • 工夫したところ
    ・がん精密検査対象者に対し個別に受診勧奨を手紙で勧奨するようにし受診率向上を図った。
    ・がん精密検査費を補助。
    ・がん講演会による意識改革が出来た。
    ・再検査受診に関し、上司経由にて通達。

50人未満の事業場におけるストレスチェックの実施

  • 期間
    2016年09月~現在継続中
  • 取組内容
    年に一度ストレスチェック実施。
  • 取組に対する成果
    実施率100%
  • 工夫したところ
    未提出者に対し、受診勧奨を実施

健康増進・過重労働防止に向けた具体的目標(計画)の設定

  • 期間
    2011年02月~現在継続中
  • 取組内容
    ・70時間を超える労働者に対し面談を行い、仕事の負荷バランスを調整する
    ・労働時間に関して以下の社内ルールを設定、運用している。
     (1)1か月の時間外時間の上限を70時間以内とする。
     (2)半期の時間外時間は300時間までとする。
     (3)原則として連続7日を超えて勤務させない。
     (4)休日出勤・深夜勤務の事前許可申請の徹底。
     (5)深夜勤務を行う場合、原則10時間以上のインターバル時間を取得する。
  • 取組に対する成果
    1か月の時間外時間70時間以内
  • 工夫したところ
    ・年に2回以上、各職場の所属長に対し社内ルールの順守を要請するとともに、職場から申告のあった上限値の達成状況を確認することで、毎年意識付けを行っている。
    ・勤務管理システムを改修(勤務時間超過前に警告表示させる)し、所属長による社内ルール達成状況管理の工数削減を図った。

産業医または保健師が健康保持・増進の立案・検討に関与

  • 期間
    2015年10月~現在継続中
  • 取組内容
    ・健康管理事業推進委員会の場で、健康増進に関する施策を産業医・保健師を含め2回/年検討実施している。
  • 取組に対する成果
    下記内容の施策を実施した。
    ・健康増進講演会「がん早期発見の意義」
    ・健康チャレンジ、体力測定、ウオーキング大会、ウオーキング指導
    ・若年者へのメタボ指導
    ・がん精密検査受診率向上施策
    ・特定保健指導実施率向上施策
  • 工夫したところ
    ・講演会については、テーマ選定、講演者選定。
    ・各施策については、それぞれに合った案内方法、インセンティブ付与方法、仕組み作りを行い、可能であればシステム化により効率化を図った。

管理職及び一般社員それぞれに対する教育

  • 期間
    2000年09月~現在継続中
  • 取組内容
    ・健康をテーマにした外部機関主催の研修に出席させる。出席者は、テーマに合った担当者とする。
    ・健保独自でも個人情報管理等各種の勉強会を実施。
  • 取組に対する成果
    ・法律、規定等の改定に関し、問題点注意項目を含め的確に学べる。
    ・OJT,OFFJTにより全員の教育向上が図れている。
    ・他社の取り組み事例、手法を学ぶ。
    ・健保独自で個人情報管理等各種の勉強会を実施し各人のレベルの向上及び同一をはかる。
  • 工夫したところ
    研修参加者は、研修レポート作成し情報の共有化を図っている。

適切な働き方の実現

  • 期間
    2013年01月~現在継続中
  • 取組内容
    ・週2日(水曜日、金曜日)のノー残業デー制定(2013/01~)
    ・年次有給休暇の取得促進取組、年六日以上(5年に一度リフレッシュ休暇有り)
    ・育児、介護休業および短時間勤務有り
    ・従業員の労働時間適正化の為の派遣社員の増員
  • 取組に対する成果
    ・週2日のノー残業デー制定により、制定前後で月あたり時間外時間が低減。
    ・過去5年以上、100%の従業員(管理職を除く)が6日以上の有給休暇を取得。
  • 工夫したところ
    ・ノー残業デーに巡回、定時退社の意識付けを行っている。
    ・各職場の所属長に対し有給休暇の取得状況を確認することで、毎年意識付けを行っている。

コミュニケーションの促進

  • 期間
    2000年09月~現在継続中
  • 取組内容
    ・毎週朝会実施
    ・診療所との連絡会毎週実施
    ・健保主催勉強会実施
    ・健保連愛知主催健康ウォーク参加等各種もイベント参加
  • 取組に対する成果
    ・定例会時各自の問題点の共有、全員で改善策を導き出す。
    ・個人情報管理等各種の勉強会を実施し各人のレベル向上及び同一をはかる。
  • 工夫したところ
    ・朝会等必ず、全員発言を行う。
    ・行事等実施する時、4事業所全員参加の日程調整。

治療と仕事の両立支援

  • 期間
    2017年05月~現在継続中
  • 取組内容
    ・通勤時間・作業内容・通勤方法等の就業上必要な対応の策定
    ・入院治療や通院のために、有給休暇とは別の積立休暇を活用できる
    ・病気の治療と仕事の両立に向けた面談実施
    ・がん、心疾患など重大な疾病を治療中の従業員を対象に、短時間勤務や、週3日勤務制度を導入。
    ・相談窓口や、主治医と連携した上での両立プラン作成など、フォロー体制を充実。
  • 取組に対する成果
    ・がん、心疾患など重大な疾病を治療中の従業員に対する施策の利用実績は無いものの、各種支援により治療と仕事の両立が可能な環境となっている。
  • 工夫したところ
    ・制度面の拡充だけでなく、面談・相談窓口等のソフト面での支援策にも注力。

食生活の改善

  • 期間
    2000年09月~現在継続中
  • 取組内容
    ・低カロリーの食事提供
    ・健康的・バランスの取れた食事を食べる啓蒙活動
    ・特定健康指導時食生活指導実施
  • 取組に対する成果
    ・各自自主管理を行うようになる。
  • 工夫したところ
    ・健康を配慮したヘルシーメニュー社員食堂で提供
    ・社員食堂のメニューにカロリー表示
    ・社員食堂 精算時 本日食べた、摂取カロリー表示、栄養素バランス表示
    ・自動販売機健康に配慮した飲料を置く

禁煙対策

  • 期間
    2006年09月~現在継続中
  • 取組内容
    ・屋内全面禁煙化。
  • 取組に対する成果
    ・喫煙者0達成。
  • 工夫したところ
    ・禁煙の重要性の指導。

従業員の感染症予防

  • 期間
    2000年09月~現在継続中
  • 取組内容
    ・診療所職員 診療所でインフルエンザ無償接種
    ・インフルエンザ予防接種の費用補助(最大2500円/一人)
    ・感染者の出勤停止,特別有休休暇付与
    ・全ての事業所で感染症予防環境の整備実施
  • 取組に対する成果
    ・昨年診療所インフルエンザ等感染者無し
  • 工夫したところ
    ・感染者出勤停止期間 就業規則には臨機と明記
    ・感染者の出勤停止期間 特別有休休暇付与

長時間労働への対策

  • 期間
    2011年02月~現在継続中
  • 取組内容
    ・超過勤務時間が70時間を超えた労働者に対して必要に応じ面談実施・業務負荷見直し・勤務時間の制限等の対策を実施。
    ・労働時間に関して以下の社内ルールを設定、運用している。
     ①1か月の時間外時間の上限目標を70時間以内とする。
     ②半期の時間外時間は300時間までとする。
     ③原則として連続7日を超えて勤務させない。
     ④休日出勤・深夜勤務の事前許可申請の徹底。
     ⑤深夜勤務を行う場合、原則10時間以上のインターバル時間を取得する。(⑤のみ2019/05~実施)
    ・勤務管理システムとPC稼働時刻、入退場時刻を連携、適正に労働時間を管理している。(2018/04~実施)
  • 取組に対する成果
    ・超過勤務時間が70時間を超えた労働者無し
  • 工夫したところ
    ・各職場の所属長に対し社内ルールの順守を要請するとともに、職場から申告のあった上限値の達成状況を確認することで、毎年意識付けを行っている。
    ・勤務管理システムを改修し、所属長による社内ルール達成状況管理の工数削減を図った。

メンタルヘルス不調者への対応

  • 期間
    2016年10月~現在継続中
  • 取組内容
    メンタルヘルス相談窓口設置
  • 取組に対する成果
    メンタルヘルスに関する相談無し
  • 工夫したところ
    メンタル不調者ゼロ。明るく、コミュニケーションし易い職場作りを行う。

他の企業等への健康経営の普及促進

  • 期間
    2016年10月~現在継続中
  • 取組内容
    日本ガイシ健康保険組合として日本ガイシ(株)に対し健康経営の普及促進に取り組む
    ・健康診断時がん検診同時受診
    ・特定保健指導受診率向上の為に、宿泊型等色々な施策実施
    ・運動イベント多数立案の上実施
  • 取組に対する成果
    ・今年度日本ガイシ(株) 健康経営優良法人ホワイト500取得
    ・来年度日本ガイシ(株)もあいち健康経営アワード申請予定
    ・がん対策推進企業アクションに指針パートナー企業として登録
  • 工夫したところ
    ・経営者と一丸となって計画立案、実施、チェックを行う

規模から探す

業種から探す

取組内容から探す