1. HOME >
  2. 登録企業の紹介(検索) >
  3. 日本ガイシ株式会社

印刷する

日本ガイシ株式会社

ニッポンガイシカブシキガイシャ

  • 1001人以上
  • 製造業/その他
  • 日本ガイシ株式会社
  • 日本ガイシ株式会社
所在地 〒467-8530
愛知県名古屋市瑞穂区須田町2番56号
社員数 5007名
業種 製造業/その他
業務内容
セラミック技術をコアテクノロジーとして、エネルギー(Energy)、エコロジー(Ecology)、エレクトロニクス(Electronics)の事業領域において、電力関連事業、セラミックス事業、エレクトロニクス事業、プロセステクノロジー事業を展開しています。時代のニーズを見据えて新たなセラミック技術の可能性に挑み続け、事業による収益の拡大とともに地球環境保全と社会への貢献を目指しています。

健康経営に関する
自社のセールスポイント

健康経営に関する自社のセールスポイント

弊社は、従業員の人間性を尊重し、安全で働きやすい職場環境づくりに努めています。前者については社員の個性と自主性を尊重し、職場におけるハラスメントの発生を防止し、発生があった場合には迅速に適切な対応を取るようにしています。また後者については、労働と安全衛生関連の法令を遵守し、仕事と生活の調和を図ることと、社員に教育の機会を与えると共に、意欲・能力を伸ばす機会を提供しています。こうした考えの背景にあるのが、従業員一人ひとりの安全と健康の確保は、企業の経営・存立の基盤をなす、というものであり、一人ひとりが公平な処遇のもとで能力を最大限発揮できるよう、人事制度を構築し運用しています。

すべて開く閉じる

取組状況について

健康増進・過重労働防止に向けた具体的目標(計画)の設定

  • 期間
    2011年02月~現在継続中
  • 取組内容
    ・70時間を超える労働者に対し面談を行い、仕事の負荷バランスを調整する
    ・労働時間に関して以下の社内ルールを設定し運用している。
    (1)1か月の時間外労働時間の上限を70時間以内とする。ただし一部部門については60時間以内とする。
    (2)半期の時間外労働時間は300時間までとする。
    (3)原則として連続7日を超えて勤務させない。
    (4)休日出勤・深夜勤務の事前許可申請の徹底
    (5)深夜勤務を行う場合、原則10時間以上のインターバル時間を取得する(2019年5月~)
    ・社内の各部門に対し一月当たりの最高時間外労働時間および休日出勤日数の上限値を申告させ、その内容を遵守するよう労使で確認している
  • 取組に対する成果
    2011年度全社平均労働時間 2,103時間 → 2018年度実績 2,087時間に低減
    2019年度実績 2,056時間に低減
  • 工夫したところ
    ・労使で協力し、組合が年に2回以上各職場の所属長に対し社内ルールの遵守を要請するとともに、職場から申告のあった上限値の達成状況を確認することで、毎年意識付けを行っている(現状は目標を超過する部署はない)
    ・勤務管理システムを改修(勤務時間超過前に警告表示)し、所属長による社内ルール達成状況を管理する工数削減を図った。

管理職及び一般社員それぞれに対する教育

  • 期間
    2014年04月~現在継続中
  • 取組内容
    時間外労働時間削減への取り組みと並行して、メンタルケア教育を実施している。こちらは入社時から始まって、各階層別にラインケア(管理監督者によるケア)に重点を置いて取り組んでいる。
    ・新入社員研修時
    ・新任S群(主任)研修時
    ・新任基幹職研修時
    ・基幹職2級昇格研修時
  • 取組に対する成果
    メンタルケア教育の受講者数が確実に増えており、メンタルヘルスに対する理解が浸透してきている。メンタルヘルスの相談ができる産業医は週1回診療所に来ており、以前は症状が重くなってから相談に来る社員が多かったが、比較的症状が軽い段階で自ら来所する社員や、上司が気づいて部下を相談させにくるケースが増えてきている。結果的に早期の職場復帰につながっている。
  • 工夫したところ
    新入社員には保健師から、新任S群(主任)には安全衛生統括部員から、基幹職向けにはメンタル相談を専門とする産業医から講義を実施し、各階層に合わせた内容としている。

適切な働き方の実現

  • 期間
    2013年01月~現在継続中
  • 取組内容
    ・週2日(水曜日・金曜日)の定時退社日制定(2013年1月~)
    ・年次有給休暇の取得促進(年間6日以上)の取り組み(別途25年に一度リフレッシュ休暇制度あり)
    ・従業員の労働時間適正化のための派遣社員の増員
  • 取組に対する成果
    ・週2日の定時退社日制定により、制定前後で月当たり時間外労働時間が平均2時間低減した
    ・過去5年以上、99%の従業員(管理職を除く)が年間6日以上の有給休暇を取得。
  • 工夫したところ
    ・組合と会社で協働して定時退社日に巡回し定時退社の意識付けを行っている。
    ・労使で協力し、組合が年に2回以上各職場の所属長に対し有給休暇の取得状況を確認することで、毎年意識付けを行っている

受診勧奨の取組

  • 期間
    2018年09月~現在継続中
  • 取組内容
    ・再検査、精密検査、要治療者に対し個人宛通知にて受診勧奨を実施
    ・診療所で行える再検査、治療は勤務時間内に実施
    ・がん精密検査費用は会社にて補助
    ・早期発見の必要性を認識させるため、がん講演会を実施した。
  • 取組に対する成果
    ・再検査の受診率95%以上
    ・がん精密検査受診率
     2019年度 胃 92.2% 大腸 66.2% 前立腺 60.0% 乳腺 80.0%
     2018年度 胃 89.7% 大腸 64.8% 前立腺 55.6% 乳腺 75.0%
     2017年度 胃 63.0% 大腸 64.0% 前立腺 74.0% 乳腺 95.0%
  • 工夫したところ
    ・再検査に関しては上司からも通知
    ・がん精密検査受診勧奨 2度まで個人宛通知

50人未満の事業場におけるストレスチェックの実施

  • 期間
    2016年09月~現在継続中
  • 取組内容
    ストレスチェックの対象者について、事業場の人数に関わらずすべての従業員としている
  • 取組に対する成果
    ストレスチェックの全社における2018年度の回答率は94.9%で、初回の2016年度と比較し3ポイント上昇している。2019年度の回答率は95.9%と、前年度より1ポイント上昇した
  • 工夫したところ
    実施前に安全衛生委員会での案内と社内通知による周知の他、回答期間中、未回答者に対し2回督促を実施している

産業医または保健師が健康保持・増進の立案・検討に関与

  • 期間
    2015年10月~現在継続中
  • 取組内容
    健康増進に関する施策を検討するために、年に2回、会社(人材統括部)と健康保険組合、労働組合のメンバーと、産業医、保健師が出席し健康管理事業推進委員会を開催、討議している
  • 取組に対する成果
    2018年度は下記の施策を会社・健康保険組合・労働組合が協力して実施している。
    ・健康推進講演会(企業におけるがん教育、早期発見と早期対処など。350名参加)
    ・階段利用習慣の啓発(本社地区の建物を中心に消費カロリー表示)
    ・体力測定会の実施(名古屋、知多、小牧、石川にて実施。200名参加)
  • 工夫したところ
    ・講演会、興味あるテーマ選定、および講演者選定
    ・従業員に対する案内やインセンティブ付与について仕組みづくりとシステム化

コミュニケーションの促進

  • 期間
    2017年04月~現在継続中
  • 取組内容
    ・会社への通勤路となる近隣地域でのボランティア清掃活動
    ・工場における夏祭りの開催時に地域住民や社員家族との交流を実施
    ・社員間のコミュニケーション促進を目的とした社内交流制度として自主テーマサークルと姉妹職場の2つがあり、交流活動費用の一定額を会社が補助している(2017年4月~)
  • 取組に対する成果
    自主テーマサークル 2017年26、2018年28、2019年14サークルが活動
    姉妹職場 2017年67、2018年60、2019年57の姉妹職場が活動
  • 工夫したところ
    社内イントラネットにDB(データベース)を設け、活動内容を公開したり交流先を募集している部署がわかるようにして、社員が検討・参加しやすいものにしている

治療と仕事の両立支援

  • 期間
    2017年05月~現在継続中
  • 取組内容
    ・通勤時間、作業内容、通勤方法等の就業上必要な対応の策定
    ・入院治療や通院のために、有給休暇とは別の積立休暇を活用できる
    ・病気の治療と仕事の両立に向けた面談の実施
    ・がん、心疾患など重大な疾病を治療中の従業員を対象に、短時間勤務や週3日制度を導入
    ・相談窓口や主治医と連携した両立プラン作成などフォロー体制を充実
  • 取組に対する成果
    ・がん、心疾患など重大な疾病を治療中の従業員に対する施策の利用実績はないものの、各種支援により治療と仕事の両立が可能な環境となっている
  • 工夫したところ
    ・制度面の拡充だけでなく、面談や相談窓口等のソフト面での支援策にも注力

保健指導の実施

  • 期間
    2011年10月~現在継続中
  • 取組内容
    ・特定保健指導該当者以外で、産業医の決めた基準以下の該当者に実施
     ①血糖 空腹時血糖120mg/dl以上またはHbA1c(NGSP)6.5%以上
     ②脂質 LDLコレステロール男女共140MG/dl以上
     ③血圧 収縮時血圧140mmHg以上又は拡張期血圧90mmHg以上
  • 取組に対する成果
    ・保健指導実施率90%以上
  • 工夫したところ
    ・上司経由にて来診通知を発行
    ・未受診者に対し架電にて受診勧奨

食生活の改善

  • 期間
    2015年04月~現在継続中
  • 取組内容
    ・任意に利用できる社員食堂において、栄養管理された食事の提供を行っている
    ・メニューにカロリー表示がなされており、各自が選択できるようになっている
  • 取組に対する成果
    ・社員食堂がある事業場においては、ほぼすべての従業員が食堂を利用している
  • 工夫したところ
    ・メニューのひとつに、低カロリーで構成されたヘルシーBOXがあり、健康に留意する中高年男性にとくに人気がある
    ・社員食堂を利用する社員が自由にコメントを記入できるようになっており、社員の要望に応じて新しいメニューの提供が行われている
    ・机上に食生活の改善や健康増進に関する一言メモがおいてあり定期的に内容を更新していて、社員の意識付けに役立てている

運動機会の促進

  • 期間
    2018年10月~現在継続中
  • 取組内容
    健康増進、健康への意識向上を狙い、社員に「私の健康宣言」をしてもらっている(体重、血圧、歩数、ラジオ体操、階段使おう等目標数値を明確にさせる)。対象期間2ヶ月のなかで毎日取り組む内容を2つ決め、日々の取り組み達成状況を毎日記録してもらい目標に対する達成状況と毎日の取り組み状況を自己評価してもらっている。他に、けんぽれんあいち主催年2回健康ウオーキング参加。会社主催で体力測定、ウオーキング指導、ウオーキングイベント年2回実施
  • 取組に対する成果
    健康宣言参加率 33.1%(2018年度)
    24.0%(2019年度)
  • 工夫したところ
    2か月間完了した社員を対象にクオカード500円を贈呈している

禁煙対策

  • 期間
    2004年09月~現在継続中
  • 取組内容
    屋外喫煙場所設置
  • 取組に対する成果
    非喫煙者からの苦情減少
    喫煙回数減少
  • 工夫したところ
    屋外喫煙場については、建屋に隣接しないエリアを指定
    臭気対策としてファブリーズを設置

従業員の感染症予防

  • 期間
    2009年10月~現在継続中
  • 取組内容
    季節性インフルエンザの予防対策として、10月中旬から3月下旬にかけて海外に赴任する社員、海外に出張する社員を対象に毎年予防接種を会社費用負担で実施している。
  • 取組に対する成果
    毎年600名超の社員が接種している。季節性インフルエンザへの罹患を最小限にすることで、職場への蔓延を防ぐとともに業務に支障が出ることを防いでいる
  • 工夫したところ
    事業所にある診療所で接種できるようにしているため、大半の社員は勤務時間中に短時間で終えられるようにしている

長時間労働への対策

  • 期間
    2011年02月~現在継続中
  • 取組内容
    ・超過勤務時間が70時間を超えた労働者に対して必要に応じ面談実施、業務負荷見直し、勤務時間の制限等の対策を実施
    ・労働時間に関して以下の社内ルールを設定、運用している
    ①1か月の時間外労働時間の上限を70時間以内とする。ただし一部の部門については60時間とする
    ②半期の時間外労働時間は300時間までとする
    ③原則として連続7日を超えて勤務させない
    ④休日出勤、深夜勤務の事前許可申請の徹底
    ⑤深夜勤務を行う場合、原則10時間以上のインターバル時間を取得する(⑤のみ2019/05~実施)
  • 取組に対する成果
    ・2011年度全社平均労働時間2,103時間 → 2018年度実績2,087時間に低減
     2019年度実績2,056時間
    (年間所定労働時間1,919時間)
  • 工夫したところ
    ・労使で協力し、組合が年に2回以上各職場の所属長に対し社内ルールの遵守を要請するとともに、職場から申告のあった上限値の達成状況を確認することで、毎年意識付けを行っている。
    ・勤務管理システムを改修し、所属長による社内ルール達成状況管理の工数削減を図った。

メンタルヘルス不調者への対応

  • 期間
    2016年09月~現在継続中
  • 取組内容
    隔年毎に定期健康診断にあわせて従業員を対象にメンタルチェックを実施している。ストレス度の高い従業員については例外なく産業医との面談を実施しており、メンタルヘルス不調者の早期発見につなげている
  • 取組に対する成果
    メンタルヘルス不調であると自分では気づけないケースや自分からは手を挙げられていないケースの発見ができている
  • 工夫したところ
    2016年度から開始したストレスチェックでは、メンタルヘルス不調者の産業医面談については本人の同意を求めているため、掘り起しができていない部分がある。メンタルチェックではメンタルヘルス不調者全員を産業医面談の対象としており、ストレスチェックを補完する役割を果たしている。

女性の健康保持・増進に向けた取組

  • 期間
    2018年09月~現在継続中
  • 取組内容
    ・婦人科健診・検査しやすい環境整備
    ・妊娠中の従業員に対する業務上の配慮
    ・生理休暇等取得しやすい環境整備
  • 取組に対する成果
     子宮がん検診受診率
     2019年度の受診率 被保険者50.5%、被扶養者42.1%
     2018年度の受診率 被保険者49.2%、被扶養者25.1%
     2017年度の受診率 被保険者20.0%、被扶養者23.7%
  • 工夫したところ
    ・名古屋本社の健康診断時に子宮頸がん検査を同時に受信できるようにした。
    ・今まで被扶養者子宮がん検査自己負担額1000円を全額会社補助にした。

他の企業等への健康経営の普及促進

  • 期間
    2019年05月~現在継続中
  • 取組内容
    2019年5月に国内グループ会社安全衛生連絡会を開催。その中で、当社が健康経営優良法人2019(ホワイト500、大規模法人部門)に認定されたことを紹介し、グループ各社に健康経営優良法人(中小規模法人部門)への参加を奨励した。
  • 取組に対する成果
    国内グループ各社への取り組みの成果はこれからと考えている
  • 工夫したところ
    国内グループ各社が一堂に会した場で、当社の健康経営への取り組みを発信し共有できたこと

規模から探す

業種から探す

取組内容から探す