1. HOME >
  2. 登録企業の紹介(検索) >
  3. イーバリュー株式会社

印刷する

イーバリュー株式会社

イーバリューカブシキガイシャ

  • 1~30人
  • 医療法人/サービス業
  • イーバリュー株式会社
  • イーバリュー株式会社
所在地 〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-5-28 桜通豊田ビル18F
社員数 22名
業種 医療法人/サービス業
業務内容
産業廃棄物の管理に関するリスクの把握、正しい法解釈、管理の仕組み作り、処理ルートの最適化などのコンサルティングを通して、お客様が抱える様々なリスクや課題について最善の解決策を提案し、お客様の健全な事業展開をサポートすることで、環境リスクから企業価値を守ります。産業廃棄物処理に関する専門的かつ高度な内容のセミナーの開催や、様々な角度から企業に潜むリスクを把握し、法律やシステム、社員教育など産業廃棄物に関連する問題解決&環境整備をすることで、不祥事リスクを未然に防ぎ、企業の発展に貢献します。また、企業理念浸透のための社員教育サポートなど、産業廃棄物分野だけに留まらず、様々な分野で製造業を中心に、1,100社を 超えるお客様をサポートしています。

健康経営に関する
自社のセールスポイント

健康経営に関する自社のセールスポイント

★健康経営優良法人認定取得
★健康宣言チャレンジ事業所認定取得
・福利厚生として、スポーツジムの利用料を会社が負担
・経年に囚われず毎日自由なデスクで業務ができる「フリーアドレス制」
・社内ランニングサークル「ランナーズ・ハイ!」の運営
・お互いを認め合う制度「サンクス&クレディ」

様々な取り組みを通して、会社全体で健康と仕事の両立を促進しています。
最近ではマラソン大会で入賞する社員も現れ、活動に更なる盛り上がりを見せております。

今後は運動面だけに囚われず、食事やコミュニケーションの面からも健康経営に取り組むために、健康的な活動についてのポイントを設定し、関連会社も含めた6チームで1週間の合計ポイントを競うといった施策も始まります。

今後も健康経営について広い視野で取り組んでいきます。

すべて開く閉じる

取組状況について

健康増進・過重労働防止に向けた具体的目標(計画)の設定

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    【スポーツ施設利用率の向上】
    目標:福利厚生として無料で利用できるスポーツジムのチケット消費率100%
  • 取組に対する成果
    現段階で81%消費しています。
  • 工夫したところ
    運動にあまり関心がない社員も含めて声を掛け合い、毎週水曜日を「アクトス会」とし、開始時間を18時に制定して過重労働防止と共に終業後の時間を有意義なものにしています。

コミュニケーションの促進

  • 期間
    2018年10月~現在継続中
  • 取組内容
    【トレッキング内定式の開催】
    体を動かしながら社員とコミュニケーションを取りつつ企業理念を学ぶ場として、2019年度の内定者と共に多度山で10㎞のトレッキングを行った後、山頂にて内定式を開催しました。内定者はトレッキングをしながら、弊社社員としてあるべき姿を先輩社員にインタビューし、コミュニケーションを交えながら全員で山頂を目指しました。インタビューで聞いた先輩社員の話は、気づきとして全社員の前で発表し、意見交換の機会にしました。
  • 取組に対する成果
    形式的に内定式を行うだけでは生まれなかったコミュニケーションを取ることができました。また、企業理念や社会人としての心構えに内定者の段階で触れられることが出来たという声も実際に挙がりました。健康経営を実践している企業らしいコミュニケーションと運動を上手く融合させた内定式になりました。
  • 工夫したところ
    内定式をトレッキング形式にすることで、内定者の段階で社員の健康づくりに力を入れている企業ということを実感する機会を提供できました。また、インタビューも織り交ぜることで、入社前から社員と深いコミュニケ―ションが取れました。誰でもできる軽い運動を全社行事に取り入れることで、普段は自ら運動をしないメンバーに運動の楽しさを知ってもらう良い機会にもなりました。

運動機会の促進

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    【マラソンサークル“ランナーズ・ハイ!”の運営】
    社員がマラソンを行うことを会社として推奨しており、従業員の健康意識の向上・運動不足の解消を目的としています。また、スポーツジム利用料を会社が負担し、ランニングマシンやトレーニング機械をいつでも無料で使うことができます。マラソンサークルでは、社員同士で一緒に走ることを呼びかけたり、大会への参加を呼びかけています。また、社員自身が走った記録を社内SNSに投稿し、お互いの記録を見ることができ刺激しあえるようになっています。
  • 取組に対する成果
    発足当初は21%の社員のみがマラソンサークルに所属していましたが、現在は77%の社員が所属し、日々健康のために活動しています。
  • 工夫したところ
    【マラソン休暇】の制定をしました。大会でハーフマラソン以上を完走できた社員は、翌日に特別休暇をもらうことができ、有給休暇とは別で休みを取ることができます。ハーフマラソン完走で半休、フルマラソン完走で1日休暇を取ることができます。また、サークルの活動結果や個人の成績をキックオフ(年1回の全社行事)で発表します。特に健康活動に取り組んだ社員や、マラソンで優秀な結果を残した社員を年1回の表彰式で表彰します。

受診勧奨の取組

  • 期間
    2018年05月~現在継続中
  • 取組内容
    従業員全員に対して通知を行い、業務とスケジュール調整をして健康診断の受診を促しています。
  • 取組に対する成果
    会社設立以来健康診断受診率100%を継続中です。
  • 工夫したところ
    会社の仕組みとして業務時間内に健康診断を受診することで、非常に健康診断を受診しやすい環境を作りました。

管理職及び一般社員それぞれに対する教育

  • 期間
    2019年04月~現在継続中
  • 取組内容
    【外部講師を呼んだランニング研修】
    社員の健康増進や、運動不足解消、心身のリフレッシュを目的に、外部講師を招いたランニングレッスンを開催しました。レッスンは会社負担で、誰でも無料で受講可能です。
  • 取組に対する成果
    ランニングのレッスンをはじめ運動に関する知識を教わり、体を動かす以外にも知識の面から健康について広く考えることができるようになりました。
  • 工夫したところ
    外部講師を招くことで、今まで自己流でやってきたものに専門知識が加わり、改善や修正をすることができました。

適切な働き方の実現

  • 期間
    2019年04月~現在継続中
  • 取組内容
    社内の取り組みである【サンクス&クレディ】。週1回業務に関わらず日頃の感謝の気持ちや、会社としての考え方に則した行動(クレド・経営理念に則した行動)をとった人を関連会社も含めた社内SNSで共有するものです。「あなたのこんな発言や行動がクレディでした」とお互いに贈り合うことで、大事にしたい価値観やあり方を若手からベテランまで醸成します。
  • 取組に対する成果
    サンクス&クレディを贈ったり、他の社員からもらうことで、改めて弊社社員としてあるべき姿を見直すことができ、従業員のモチベーションが向上しました。
  • 工夫したところ
    関連会社も含め、1番サンクス&クレディを送られた人を、年に1度の表彰式で表彰しました。

保健指導の実施

  • 期間
    2018年09月~現在継続中
  • 取組内容
    特定保健指導実施時間の出勤認定をしました。
  • 工夫したところ
    事業所を置く三重県のモデル事業に参加し、web上で医師と面談を行う形式の保健指導を取り入れました。web上での指導であるため、休憩時間や就業後に短時間で実施することができ、気軽に始められました。

食生活の改善

  • 期間
    2019年05月~現在継続中
  • 取組内容
    適正な食事の摂り方について記された書籍の回覧をしました。
  • 取組に対する成果
    知識がついたことで、適正な食事がどの様なものかということが分かり、適正な食事を摂るという行動に移すことができました。
  • 工夫したところ
    書籍の回覧をすることで、知識をつけて適切な食事に必要な【適正度】のイメージが持てるようになりました。

禁煙対策

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    禁煙を呼びかけるのではなく、会社全体で運動を推奨しました。そして、活動が波に乗るほど自分の健康に意識が向き、自然と運動のために自らが禁煙しようという行動の変化が起きました。
  • 取組に対する成果
    禁煙率100%を達成しました。
  • 工夫したところ
    マラソンをはじめとした運動に会社全体で取り組み、健康意識を上げることで、吸う付き合いから、吸わない付き合いに変化させることができました。

長時間労働への対策

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    定時の17時から1時間を過ぎた時点で、業務管理者が対象者に対し個別で現状をヒアリングして、すぐに業務改善をしました。
  • 取組に対する成果
    全社員、1ヶ月あたりの超過勤務時間が45時間を超えた月が1度もありません。
  • 工夫したところ
    17時定時で、18時になった時点で会社に残っている人に業務管理者が声をかけて、早い時間に帰ることを推奨しました。他にも、終業後に社員同士で自主的にランニングを行うスタート時間を17時45分に設定し、業務を早く切り上げるようにしました。

メンタルヘルス不調者への対応

  • 期間
    2019年05月~現在継続中
  • 取組内容
    メンタルヘルス不調者に対するヒアリングやサポートを行いました。
  • 取組に対する成果
    メンタルヘルス不調者に対し、社労士と相談しながら復職のサポートを行い、復職後も適切に対応しました。

女性の健康保持・増進に向けた取組

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    毎年の健康診断の際に、女性は乳がん・子宮頸がんなどの婦人科系の検診を受けることを会社で推奨しました。勤務中に受診することができ、希望する女性社員は婦人科健診を定期的に受けることができます。
  • 取組に対する成果
    今年度の婦人科系の検診受診率は、45%です。
  • 工夫したところ
    受診については社内SNSで呼びかけをして、全面的に周知しました。

規模から探す

業種から探す

取組内容から探す