1. HOME >
  2. 登録企業の紹介(検索) >
  3. 社会医療法人 大真会

印刷する

社会医療法人 大真会

シャカイイリョウホウジン ダイシンカイ

  • 101~300人
  • 医療法人/サービス業
  • 社会医療法人 大真会
  • 社会医療法人 大真会
所在地 〒462-0825
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目9番34号
URL https://www.ookuma-hospital.or.jp/
社員数 224名
業種 医療法人/サービス業
業務内容
当法人は、昭和53年より大隈病院を運営しており、「地域の皆様に信頼され、愛される病院を目指し最善の医療を行う」を理念に、かかりつけ医機能から専門医療まで幅広く地域住民に医療を提供してきております。また二次救急指定医療機関として名古屋市北区大曽根を中心とする地域住民の安心安全のため、24時間365日の稼働を続けてきており、年内での休日夜間の救急搬送件数を要件とする社会医療法人として2019年4月に愛知県知事に認定を受けております。病院事業を支える約200人の職員が働きやすいと感じる職場環境を作らなければならないのは言うまでもなく、地域住民のため今後も病院事業を継続してまいりたいと考えております。

健康経営に関する
自社のセールスポイント

健康経営に関する自社のセールスポイント

当法人は、「健康経営優良法人2019(大規模法人部門)」に認定されました。(認定期間:2019年2月21日~2020年3月31日)
当院での具体的な取り組みは、職員の喫煙率を0%にする。(禁煙外来の受診促進と当院敷地内全面禁煙)朝食を食べる職員の割合を平成28年3月 食育に関する意識調査 の平均値まで引き上げる。
1回30分以上の運動を週2回以上かつ1年以上実施する職員の割合を平成27年度国民健康栄養調査の平均を超える。となっております。今後も長期的なビジョンに基づく経営理念のもと、職員の健康増進を重視し職員の心身の健康管理を経営課題として捉え、その実践を図ることで職員・企業ともに活力向上や生産性向上を目指していきます。

すべて開く閉じる

取組状況について

食生活の改善

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    朝食をほとんど毎日食べる職員の割合が63.0%であり、食育に関する意識調査(平成28年3月)の平均83.9%よりも低い状況がある。
    食事に対する意識を高めるため、職員へ健康情報チラシにより周知、職員に対する健康セミナーを開催して、食習慣の重要性を継続して訴えてきた。
  • 取組に対する成果
    食事に対する意識を高めるため、職員へ健康情報チラシにより周知、職員に対する健康セミナーを開催して、食習慣の重要性を継続して訴えてきたが、昨年の割合を下回った
  • 工夫したところ
    職員へ健康情報チラシにより周知し、食事に対する意識を高める
    職員に対する健康セミナーを開催して、食習慣の重要性を継続して訴えていく管理栄養士等による個別指導の実施

運動機会の促進

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    1回30分以上の軽く汗をかく運動を週2日以上かつ1年以上実施する職員の割合が男性31.0%、女性15.0%といずれも平成27年度国民健康栄養調査の平均を下回っており、向上させたい
  • 取組に対する成果
    今年の職員割合が男性31.0%と昨年を上回ったものの、女性15.0%と昨年を下回っており、男子がいずれも平成27年度国民健康栄養調査の平均を下回っており、向上させたい
  • 工夫したところ
    職員へ「主な食品のカロリーと消費するのに必要な運動量」の一覧表を配布し、運動への意識を高める取組みを行う。
    職員に対する健康セミナーを開催して、運動習慣の重要性を継続して訴えていく、1年に1回、2週間程度の運動週間を設定し、1回30分以上の軽く汗をかく運動を実施する職員の割合を部署間で競い、結果を院内発表する。

禁煙対策

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    職員の喫煙率が10.0%あり、病院事業を営む上で、喫煙率を減少させ、0.0%にしたい。
  • 取組に対する成果
    昨年の喫煙率が11.4%、昨年度より敷地内禁煙および禁煙外来診療を実施、喫煙、受動喫煙が身体に及ぼす害を健康情報チラシにより周知等の取り組みにより今年は10.0%となったが、目標である0%を達成できていない。
  • 工夫したところ
    喫煙、受動喫煙が身体に及ぼす害および「禁煙外来診療」の内容を記載した健康情報チラシを1年に1回以上職員に配布し周知、「禁煙外来診療」の内容を学ぶ研修会を1年に1回以上開催する。当院で実施してる禁煙外来診療受診を勧奨する。

受診勧奨の取組

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    啓発パンフレットの配布やポスター、サイトなどの社内掲示
    メールや社内通達等による全員への受診勧奨
    産業医や保健師等専門職が個別に受診を推奨
    産業医や保健師等専門職以外の一般社員が個別に受診を推奨
    定期健康診断項目への組み込み
    費用補助
    受診時の就業時間認定または特別休暇の付与

50人未満の事業場におけるストレスチェックの実施

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    労働者等が50人未満の事業場も含めて全ての事業所で実施している

健康増進・過重労働防止に向けた具体的目標(計画)の設定

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    従業員個人の職場環境や職務への満足度、働きがい等についての評価指標を設定し、従業員個人の仕事への熱意や仕事から得られる活力を測る定量的な調査を定期的に実施、従業員個人の会社への貢献意識・エンゲージメントについての定量的な調査を定期的に実施、従業員同士の職場内のコミュニケーションの活性度合いについての定量指標を設定

産業医または保健師が健康保持・増進の立案・検討に関与

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    自社の従業員の健康課題について担当者と協議
    中長期的な方針を共同で策定
    健康管理の観点から必要な調査審議を求める事を可能にする
    現場の労働者からの情報収集など、権限を具体化・明確化
    健康経営の取り組みの効果検証に関与している

管理職及び一般社員それぞれに対する教育

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    管理職が一定の階層に昇格する度に実施
    定期的に1年に1回以上、健康保持・増進施策特化した管理職教育を実施
    従業員にメンタルヘルスやがんの予防などの健康保持・増進に関する教育を実施している

適切な働き方の実現

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    残業の事前申告制度
    時間外労働時間の削減を管理職の評価項目に設定
    時間外労働時間の削減を一般従業員の評価項目に設定
    年次有給休暇取得率の目標設定
    連続休暇取得の奨励
    勤務間インターバル制度
    フレックスタイム制度または時差出勤制度

コミュニケーションの促進

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    社内コミュニケーションを活性化させるための職場環境整備
    交流会等イベントの実施
    コミュニケーション促進ツールの提供
    サークル等への金銭支援や場所の提供
    地域清掃・ボランティア・地域祭り等への参加や参加の働きかけ
  • 取組に対する成果
    職員の5割以上8割未満が参加
  • 工夫したところ
    病院周辺の歩道清掃を月2回(任意参加)を実施
    隣接する商店街主催(年1回)の七夕まつりに協賛金を支出し、職員とそのグループが参加、隣接する商店街主催のジャズフェスに協賛金支出

治療と仕事の両立支援

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    産業医等の意見聴取や支援プランの作成など支援手続き・手順の設定
    休業期間中における、接触のタイミングの設定や相談窓口の設置
    復職後の面談・助言について、支援体制の設定や相談窓口の設置
    慣らし運転的に復職を始めるための「短時間勤務」「試し出勤制度」「リハビリ勤務」などの勤務制度の整備
    従業員から両立支援を求める申し出があった場合の対応手順の設定や相談窓口の設置
    本人の状況を踏まえた働き方(勤務内容・勤務時間)の策定
    治療に配慮した「時間単位年次休暇制度」「時差出勤制度」などの休暇制度、勤務制度の整備

保健指導の実施

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    健保組合等保険者に事業者健診結果のデータを提供(健診を健保と共同で実施して結果共有を含む)
    事業主側から案内を従業員に周知
    各事業所に利用勧奨(の支援)を行う担当者を設置
    管理職など職制を通じて利用勧奨(の支援)を実施
    就業時間中の実施を認める
    社内に実施場所を提供
    事業所や対象者の繁閑を健保組合等保険者と共有し対象者が指導を利用しやすい環境を作る
    経営層と健保組合等保険者が重要性を共有する機会を持つ

従業員の感染症予防

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    インフルエンザなどの予防接種を社内実施
    インフルエンザなどの予防接種の費用補助
    予防接種を受けるための就業時間認定または特別休暇などの制度的配慮
    感染症を発症した者(家族が発症した場合も含む)への特別休暇制度による感染拡大予防
    健康診断時の麻しん・風しんなどの感染症抗体検査の実施
    感染拡大時の事業継続計画の策定
    海外渡航者に対する予防接種や予防内服等の準備

長時間労働への対策

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    保健師・看護師等専門職と本人の面談
    人事・労務担当者と本人の面談
    管理職に対する産業医からの面談・指導
    管理職に対する人事・労務からの面談・指導
    本人への時間外労働の制限

メンタルヘルス不調者への対応

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    メンタルヘルスについての相談窓口の設置
    ハラスメント相談窓口・内部通報窓口の設置
    組織における心理的安全性が高まる取り組み(人事評価への反映など)
    ストレスチェック結果を踏まえた、従業員参加型の職場環境改善活動を実施

女性の健康保持・増進に向けた取組

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    従業員や保健師等による女性の健康専門の相談窓口の設置(メールや電話等による相談含む)
    女性特有の健康課題に対応可能な体制構築(産業医や婦人科医の配置や外部の医師の紹介など)
    女性の健康づくりを推進する部署やプロジェクトチームの設置
    妊婦健診など母性健康管理のためのサポートの周知徹底
    生理休暇を取得しやすい環境の整備(有給化や、管理職への周知徹底など)
    女性専用の休憩室の設置(※法律上設置義務のある休養室は除く)

他の企業等への健康経営の普及促進

  • 期間
    2019年10月~現在継続中
  • 取組内容
    自社の健康経営の取り組みについてグループ会社全体で統一方針を定めて推進
    自社の健康経営の取り組みについてグループ会社全体にノウハウを提供したり、共同で実施
    自社の健康経営の取り組みについて取引先等他社にノウハウを提供
    自社で健康経営を取り組むにあたって地域や同業他社を巻き込んで展開
    健康経営を支えるヘルスケアサービス・商品を積極的に導入
    健康経営の推進に当たって既存の顧客向けにパンフレット配布等を通して発信
    健康経営の推進に当たって潜在的な顧客や広く一般向けに講演やメディアなどの企画、パンフレット配布等を通して発信
    他社の健康経営の取り組み状況やニーズについて調査を実施し、結果を公表
    従業員の家族に自社の健康増進に関する取組を周知

規模から探す

業種から探す

取組内容から探す