1. HOME >
  2. 登録企業の紹介(検索) >
  3. 有限会社愛知環境センター

印刷する

有限会社愛知環境センター

アイチカンキョウセンター

  • 1~30人
  • 製造業/その他
  • 有限会社愛知環境センター
所在地 〒480-0134
愛知県丹羽郡大口町豊田三丁目205番地
社員数 8名
業種 製造業/その他
業務内容
愛知環境センターは、工場や建設現場から排出される産業廃棄物を収集運搬し、自社工場で中間処理をしております。また、特殊な技術を用いて、廃プラスチックから石油や石炭の代替として使用することができる燃料用プラスチック(フラフ燃料)を製造しています。

健康経営に関する
自社のセールスポイント

健康経営に関する自社のセールスポイント

当社は経済産業省による健康経営優良法人認定を受けており、日頃から従業員の健康、安全衛生を考えて事業運営を行っています。小規模な会社であるからこそ、従業員一人一人との対話を大切にし、心身の健康に気を配ることを心がけています。

すべて開く閉じる

取組状況について

管理職及び一般社員それぞれに対する教育

  • 期間
    2000年01月~現在継続中
  • 取組内容
    全従業員の安全意識・健康意識の向上を図り、けがや病気の予防に繋げるため、毎月第一土曜日に安全衛生会議を実施し、当社で選定した安全衛生管理者より全従業員に対して教育を行っている。テーマは毎回時期を意識したものとしている。
  • 取組に対する成果
    安全意識、健康意識の向上の効果から業務中の大きな事故はゼロを維持している。また、病気による長期の欠勤も出ていない。
  • 工夫したところ
    飽きがこないよう、テーマ決めは毎回工夫をしている。普段の生活習慣にかかわる疾病やインフルエンザ感染予防、また全従業員から毎月提出されるヒヤリハット報告をもとにディスカッションを行っている。

コミュニケーションの促進

  • 期間
    2015年04月~現在継続中
  • 取組内容
    従業員が連携して業務を行い事業運営が円滑になるように、全従業員が参加するボウリング大会及び懇親会を年2回実施。全従業員が参加できるように、これらに係る費用は全額会社で負担した。
  • 取組に対する成果
    従業員同士の連携が強化され、仕事にメリハリが付き、残業が無くなった。
  • 工夫したところ
    ボウリング大会では毎回豪華な景品を全員分準備している。当社は男性従業員が多くいるため、男心をくすぐる景品やお家に持ち帰って家族に喜ばれるようなものをそろえている。今後はボウリング大会に限らず、全従業員が参加できる様々なイベントを企画し実施していく。

食生活の改善

  • 期間
    2015年04月~現在継続中
  • 取組内容
    会社として熱中症予防を重点課題に選定し体調を崩す社員を0名にすることを目標にした。従業員に麦茶とスポーツドリンクを支給。また事務所入口カウンターに塩分補給のためのタブレットを常備し、塩分と水分補給を定期的に行うよう管理している。2020年4月からは、より健康に配慮された仕出し弁当に変更、また自販機のドリンクも「特保」のものを入れるようにしている。
  • 取組に対する成果
    取り組み以来、熱中症で体調を崩す従業員をほぼゼロに抑えられている。会社が健康に配慮した飲料等を支給するだけでなく、補給方法にも気を配った効果から従業員全体の熱中症予防に対する意識が高まった。

受診勧奨の取組

  • 期間
    2000年01月~現在継続中
  • 取組内容
    再検査や精密検査が必要とされた従業員に対しては、個人宛てに通知を行い、受診を促している。また、再検査や精密検査等による治療に要する時間は出勤認定を行っている。

適切な働き方の実現

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    搬入車両の配車時間の見直しや新規設備の導入を行い、仕事効率を徹底的に改善した。また、全従業員が年次有給休暇を取得しやすくするために、従業員に対する教育・指導方法を見直し、誰かが休暇を取っても他の人がサポートに回れるような仕組みを構築した。
  • 取組に対する成果
    取組以降、残業時間はゼロを維持している。また、従業員は積極的に有給を取得するようになり、管理職についても有給が取得できるようになった。

運動機会の促進

  • 期間
    2015年04月~現在継続中
  • 取組内容
    毎朝行う朝礼では、全従業員でラジオ体操を行っている。また、従業員の健康意識の向上や心身のリフレッシュを目的とし、年に1回有志でマラソン大会に出場している。

従業員の感染症予防

  • 期間
    2019年10月~現在継続中
  • 取組内容
    インフルエンザワクチンの接種率を全体の40%にすることを目標とした。インフルエンザワクチンの接種に係る費用を会社で全額負担することとし、従業員に周知することで接種率の向上を図った。
  • 取組に対する成果
    インフルエンザワクチンの接種率が50%になった。(前年25%)
  • 工夫したところ
    朝礼や終礼、全体ミーティングや安全衛生会議で毎回アナウンスをするようにした。

女性の健康保持・増進に向けた取組

  • 期間
    2000年01月~現在継続中
  • 取組内容
    女性従業員に対しては、定期健診に婦人科検診の項目を追加している。

規模から探す

業種から探す

取組内容から探す