1. HOME >
  2. 登録企業の紹介(検索) >
  3. ナカシャクリエイテブ株式会社

印刷する

ナカシャクリエイテブ株式会社

ナカシャクリエイテブカブシキガイシャ

  • 301~500人
  • 製造業/その他
  • ナカシャクリエイテブ株式会社
  • ナカシャクリエイテブ株式会社
所在地 〒468-0045
愛知県名古屋市天白区野並二丁目213番地
URL https://www.nakasha.co.jp/
社員数 494名
業種 製造業/その他
業務内容
生活に欠かせないインフラ(電気・ガス・通信)や鉄道・道路・航空・宇宙事業、文化財など幅広い分野がフィールドです。図面作成やシステム開発、調査、設計、データ加工等、アナログからデジタルまでの情報加工を行っています。

健康経営に関する
自社のセールスポイント

健康経営に関する自社のセールスポイント

社員の健康管理を経営課題の一つとして位置づけ、健康保険組合や専門企業と共に健康維持促進活動に取り組んでいます。健康診断の受診率100%の継続と感染症予防対策やメンタルヘルス対策に重点をおくと共に社員の家族の健康維持・増進にも取り組んで参ります。

すべて開く閉じる

取組状況について

受診勧奨の取組

  • 期間
    2017年04月~現在継続中
  • 取組内容
    健康診断結果より医療受診が必要な方に産業医より「医療機関受診勧奨 兼 結果の報告書」を配布しています。医療機関の受診後、結果の報告書を産業医が確認し、問題がないかを確認しています。未受診者には、定期的に医療機関受診の勧奨を行っています。
  • 取組に対する成果
    2017年度健診結果の医療受診勧奨の受診率 69.72%
    2018年度健診結果の医療受診勧奨の受診率 81.44%
    2019年度健診結果の医療受診勧奨の受診率 57.00%
    ※2019年度は新型コロナウイルスの影響により再勧奨を控え、本人の受診意向を尊重しました。
  • 工夫したところ
    健康診断結果による医師による医療受診勧奨の取組みを会社全体の取組として全社員に周知しました。「医療機関受診勧奨 兼 結果の報告」に提出期限を設定する事で、取組みへの意識を高めました。

保健指導の実施

  • 期間
    2017年08月~現在継続中
  • 取組内容
    専門企業による保健指導を社内で実施しました。現在は、健康保険組合とのコラボヘルスで特定保健指導を就業時間内に社内で実施しています。参加者全員が集まり、チームに分かれてグループ健康増進計画を立てたり、個人別健康増進計画を立てたりして、互いに励まし合いながら、検査データの基準値内を目標に向かって取り組みました。現在、感染症予防対策でWebを使った特定保健指導の準備を進めています。
  • 取組に対する成果
    2017年度該当者数50名、2018年度44名、2019年度43名と緩やかですが減少傾向にあります。
  • 工夫したところ
    就業時間内に社内で特定保健指導を実施する事で、参加しやすい環境を整えました。

従業員の感染症予防

  • 期間
    2015年11月~現在継続中
  • 取組内容
    インフルエンザ予防接種の社内実施を行っています。
  • 取組に対する成果
    インフルエンザが原因で、業務への支障は発生しておりません。
    2018年冬の発生率は、8.38%
    2019年冬の発生率は、2.71%
    ※2019年冬は新型コロナウイルスの感染症予防対策も重複して発生率が大きく減少しました。引き続き、双方の予防を継続して参ります。
  • 工夫したところ
    会社全体の安心・安全の取組みの一環として全社員に周知しました。
    希望者を確認する時に、希望者数の変動が分かるように社内イントラを利用し、申込がある度に、最新情報としてお知らせ欄の上段に上がるようにすることで、申込の失念を防ぐと共に予防への意識付けを行いました。

50人未満の事業場におけるストレスチェックの実施

  • 期間
    2016年10月~現在継続中
  • 取組内容
    制度開始から現在に至るまで、労働者が50人未満の事業場を含めて全ての事業場で実施しています。ストレス要因と各人の状況を把握すると共に、高ストレスと判断された方には、医師との面談を勧奨し、面談を希望する方には、面談を実施しています。高ストレス判定ではない方でも気になる方には、産業医の面談を勧奨しています。組織分析結果を各組織に情報提供する事で、組織運営に役立てています。
  • 取組に対する成果
    毎年、受診者全員の結果を確認し、状況を把握しています。必要に応じて、高ストレス者面談とは別に産業医面談を勧奨しています。メンタル不調による求職者数は、2018年の4名から2019年は2名に減少しました。
  • 工夫したところ
    高ストレス判定者以外にも注視し、少しでも気になる方がいる場合は、社内面談の実施や産業医面談の勧奨を行っています。

管理職及び一般社員それぞれに対する教育

  • 期間
    2019年07月~現在継続中
  • 取組内容
    健康保険組合の保健事業を活用して、外部講師を招き、健康経営の効果や健康診断の目的、健康診断後にやるべきこと、生活習慣病について、受動喫煙についてなどの健康セミナーを実施しました。今後は、Webを活用したセミナーを実施する事で、遠方の事業所社員にも教育の機会を増やして行きます。

適切な働き方の実現

  • 期間
    2020年04月~現在継続中
  • 取組内容
    従来から実施しているコアタイムを設けないフレックス制度に加え、より多様なライフスタイルに応じた働き方が出来る様にテレワークや、短時間正社員制度、副業制度を導入しました。

コミュニケーションの促進

  • 期間
    2000年09月~現在継続中
  • 取組内容
    懇親会や社員旅行を行っています。また、NS会(ゴルフ)、フットサルクラブ、マリンスポーツクラブ、軽音楽部などクラブ活動を通じてコミュニケーションの促進を図っています。

長時間労働への対策

  • 期間
    2017年09月~現在継続中
  • 取組内容
    各人の残業時間を「残業速報」として社内イントラを利用して掲載しています。
    ・80時間を超えた社員には、産業医の面談勧奨を行っています。
    ・80時間を超えていない社員でも長時間が継続している場合は、部署長への確認や社内面談などを行い、状況の確認を行っています。

メンタルヘルス不調者への対応

  • 期間
    2015年10月~現在継続中
  • 取組内容
    社内面談や産業医によるメンタル面談を実施しています。産業医の意見に基づいて、時間外労働の禁止や車の運転の禁止などの就業制限を行い、心身の健康に留意しています。また、復職に向けたリワークの対応も行っています。

規模から探す

業種から探す

取組内容から探す