1. HOME >
  2. 登録企業の紹介(検索) >
  3. 三栄工業株式会社

印刷する

三栄工業株式会社

サンエイコウギョウカブシキガイシャ

  • 500~1000人
  • 製造業/その他
  • 三栄工業株式会社
  • 三栄工業株式会社
所在地 〒473-0933
愛知県豊田市高岡町東浦10番地
URL https://www.sanei-kogyo.co.jp/
社員数 960名
業種 製造業/その他
業務内容
自動車部品梱包・物流器具製造・一般貨物輸送・土木建築・重量物運搬・清掃作業・住宅部材製造

健康経営に関する
自社のセールスポイント

健康経営に関する自社のセールスポイント

健康サポートとして保健師による直接指導と従業員が働きやすい環境づくりを行っています。

すべて開く閉じる

取組状況について

コミュニケーションの促進

  • 期間
    2017年12月~現在継続中
  • 取組内容
    社員の交流の場として「健康フェスティバル」の開催によりコミュニケーションを推進している。日頃考えることの少ない健康に付いて、全従業員が考える機会をつくる。役員以下、派遣社員含む全従業員およびその家族、友人が参加し、スタンプラリー形式で各ブース(体力測定、食事や体の知識、体を動かして親子で楽しむ)を巡る。
  • 取組に対する成果
    今まで健康について、あまり関心がなかった人達が、「参加して、自分のことを改めて見つめなおす機会ができ、非常に良かった」と言っていただくことができた。
  • 工夫したところ
    体を動かして自分の体力に気づいてもらったり、普段測定することができない骨密度、血管年齢など、測定機器を使って体の状態を確認してもらい、今後の健康づくりに役立つようにした。

保健指導の実施

  • 期間
    2017年04月~現在継続中
  • 取組内容
    生活習慣病の有所見者低減を行うため、健康診断の結果から、BMI25以上の方に対して、標準範囲内になるよう、運動と食事の両面を社内の保健師がサポート。
  • 取組に対する成果
    対象となるBMI25以上の方211名の内、22名はBMI25未満の適正範囲内にすることができた。
  • 工夫したところ
    自ら決めた目標に対して、運動と食事の両面から保健師がサポートし、無理なく毎日続けられるよう励ましのアドバイスをした。また、毎日の実施記録が付けれるよう「チャレンジシート」を配布し、途中脱落のないように、実施途中で取り組み状況を振り返りながら、実行してもらった。

従業員の感染症予防

  • 期間
    2017年11月~現在継続中
  • 取組内容
    インフルエンザの集団感染を防ぎ、客先へ迷惑がかからない体制を作る。
    役員以下、全従業員およびその同居家族へ接種希望者を募り、予防接種費用を会社が負担。会社の各工場へ医療機関に出張してもらい、予防接種を実施。
  • 取組に対する成果
    予防接種により、周囲に迷惑をかけないことや、感染時の症状を軽減できることなどを知ってもらうことができ、2017年の従業員接種者約401名から2018年は約521名に拡大することができた。集団感染によるラインストップもなく、客先に迷惑をかけずに作業できている。
  • 工夫したところ
    従業員が病院に行かなくても、自分の就業場所(工場)でできるように、医療機関に来てもらっている。
    ライン作業従事者は一斉にできないため、交代しながら予防接種を受けられるように配慮。
    同居の家族も会社が費用負担をして、家族から従業員に感染するのを防いでいる。

受診勧奨の取組

  • 期間
    2013年04月~現在継続中
  • 取組内容
    従業員の健診受診率100%を目指し、業務都合、私用により未受診となった場合、受診勧奨し、受診するまでフォローしている。
    また、2018年から協会けんぽ様の配偶者受診勧奨連絡を利用して、従業員の配偶者に、受診勧奨を実施。
  • 取組に対する成果
    2017年は従業員の健診受診率が100%達成。
  • 工夫したところ
    健診希望日を確認し、無理なく受診できるよう配慮。

50人未満の事業場におけるストレスチェックの実施

  • 期間
    2011年04月~現在継続中
  • 取組内容
    当社は事業場が複数あり、50人未満の事業場もあるが、ストレスチェックは、全ての事業場を対象とし、全従業員に実施。集団分析も行い、基準値から大きく外れる場合は、職場ごとに改善。
  • 取組に対する成果
    50人未満の事業場にも行っているので、全従業員が自分の状態を知ることができ、セルフケアができる。また、集団分析により、管理職も状況がわかり、改善に役立てている。

健康増進・過重労働防止に向けた具体的目標(計画)の設定

  • 期間
    2010年01月~現在継続中
  • 取組内容
    健康増進:BMI25以上の肥満に着目し、BMI25未満を目指す活動を展開。目標は、対象人数前年比5%低減。
    過重労働防止:毎週水曜日と金曜日は定時退社の日として放送を流し、速やかに退社できるよう促して残業低減。
  • 取組に対する成果
    健康増進:BMI25以上を対象人数前年比10%低減することができた。
    過重労働防止:定時退社の放送が流れるため、全員が確認でき、帰ることができる。
  • 工夫したところ
    健康増進:毎日の積み重ねの大切さを説き、健康的な食事や運動を生活の中に習慣づける指導を継続。

産業医または保健師が健康保持・増進の立案・検討に関与

  • 期間
    2010年01月~現在継続中
  • 取組内容
    保健師が、地域の医療関係者が集まる会合に出席し、他社の状況など、各種情報取りをして、社内で取り組める内容を精査し、立案、検討、展開をしている。

管理職及び一般社員それぞれに対する教育

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    管理職に対して、メンタルヘルス教育の実施。
    一般社員には、腰痛予防教育を実施。
  • 取組に対する成果
    管理職は、ラインケアとして、傾聴することの重要性を知り、早期対応している。
    一般社員は、腰痛予防体操を体験したことで、いつでも手軽にできるので、普段の仕事の合間に実践してもらっている。
  • 工夫したところ
    腰痛予防をできるだけ簡単に、いつでも、どこでもできる内容に絞りこんで教育

適切な働き方の実現

  • 期間
    2017年01月~現在継続中
  • 取組内容
    会社組織に働き方改善Gを新設し、改善に取り組んでいる。
    (高齢化社会に向け、介護を支援する公的機関の紹介、周知活動や、女性が働きやすい環境作りなど提案)
  • 工夫したところ
    介護支援活動として、公的機関を招き、講演を実施。体験談を通して参加者の不安を払拭し、ひとりで悩まないように、相談、連絡先の紹介も行った。

治療と仕事の両立支援

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    疾病の状況、通院状況などを上司、人事、保健師が確認し、仕事内容を検討。
    また、就業場所の衛生面、周囲の協力、個人情報の配慮も行っている。
  • 工夫したところ
    気兼ねなく、いつでも上司、保健師に相談できる体制にしている。

食生活の改善

  • 期間
    2017年01月~現在継続中
  • 取組内容
    毎月、「保健通信」を発行しており、その中に食品に関する情報として、季節の食べ物やその栄養素、効能、摂取方法などを紹介。各職場に掲示してもらい、家庭の食事に取り入れてもらうようにしている。
    食堂のメニューもカロリー表示がしてあり、摂取量に気をつけられるようにしている。

運動機会の促進

  • 期間
    2017年10月~現在継続中
  • 取組内容
    「健康フェスティバル」の取り組みの中で、体を動かすことの重要性をアピール。
    ロコモ度チェックをしてもらい、運動能力の低下に気づいてもらうことで、運動促進につなげている。
    日常管理としては、毎朝ラジオ体操を放送で流し、全員体操を実施。

禁煙対策

  • 期間
    2012年05月~現在継続中
  • 取組内容
    毎年5月の世界禁煙デーに合わせて、社内禁煙活動を実施。
    活動期間は1週間だが、喫煙量を減らすようにポスターの掲示をしている。

長時間労働への対策

  • 期間
    2001年01月~現在継続中
  • 取組内容
    毎月、過重労働者発生部署に、残業理由と今後の対策を確認。
    フレックス制度の活用、代休取得、多能工化により残業時間低減対策を実施。
    また、社内規定により毎月過重労働者のランク分けを実施。
    規定時間に達した場合、上司面談および産業医面談を必ず受ける。
  • 取組に対する成果
    上司による健康管理と産業医のアドバイスがもらえるので、体調不良者は出ていない。
  • 工夫したところ
    面談日程を当事者の仕事状況に合わせて組み、負担が少なくなるようにしている。

メンタルヘルス不調者への対応

  • 期間
    2014年04月~現在継続中
  • 取組内容
    不調者の未然防止を目的として、いつでもeメール、電話の相談ができるように、「こころとからだの相談室」を設置。匿名での対応も受け付けている。
  • 取組に対する成果
    直接話をしなくても、eメールで相談ができるので利用者のプライベートが守られている。

女性の健康保持・増進に向けた取組

  • 期間
    2011年04月~現在継続中
  • 取組内容
    生活習慣病健診時に、子宮頸がん、乳がんの健診を勧奨。
  • 工夫したところ
    個人で予約しなくても、生活習慣病健診のときに一緒にできるよう希望をとり手配。

他の企業等への健康経営の普及促進

  • 期間
    2017年11月~現在継続中
  • 取組内容
    インフルエンザ予防接種を、社内常駐の協力会社(請負、派遣)の方にも呼びかけている。
    また、定期、特殊健診についても、社内常駐の協力会社(請負、派遣)の方に当社従業員と一緒に健診を実施。
  • 取組に対する成果
    インフルエンザ予防接種に賛同した会社は、従業員に予防接種を受けさせ、感染防止に努めている。健診についても当社と同時にできるため、好評。
  • 工夫したところ
    協力会社が医療機関へ手配調整する、煩わしさをなくすことにより、未受診者を防ぐことができるようにした。

規模から探す

業種から探す

取組内容から探す