1. HOME >
  2. 登録企業の紹介(検索) >
  3. 久野金属工業株式会社

印刷する

久野金属工業株式会社

クノキンゾクコウギョウカブシキガイシャ

  • 301~500人
  • 製造業/その他
  • 久野金属工業株式会社
  • 久野金属工業株式会社
所在地 〒479-0002
愛知県常滑市久米字池田174番地
社員数 352名
業種 製造業/その他
業務内容
当社は、自動車をはじめとするプレス部品において、工法開発から製品設計、 金型設計・製作、プレス加工、機械加工や溶接、熱処理等の二次加工まで一貫して行う金属加工メーカーです。多岐にわたる要素技術の組み合わせと、創業より積み重ねた熟練の金型技術、自社開発の多彩な設備群により、難易度の高い「複雑高精度プレス加工」にご対応。ハイテン材の採用など近年ますます高機能化が進む最先端の部品づくりを支えます。
また、プレス加工の前後工程をすべて手がける一貫体制により、開発時からプレス後の加工も見据えた製品づくりが可能です。

健康経営に関する
自社のセールスポイント

健康経営に関する自社のセールスポイント

毎年健康診断とストレスチェック同時に行い、保健指導も行っている。社員のコミュニケーション促進のため、ボウリング大会を実施したり、バドミントン、フットサルのサークル活動も行っている。
受動喫煙を防ぐため喫煙場所を屋外の社員があまり通らない場所に設定し、社員の健康維持に努めている。
これからも積極手に健康経営に取り組んで行きたい。

すべて開く閉じる

取組状況について

50人未満の事業場におけるストレスチェックの実施

  • 期間
    2015年04月~現在継続中
  • 取組内容
    毎年健康診断時にストレスチェックも一緒に行ってる。結果を元に高ストレス者を把握することができた。
  • 取組に対する成果
    高ストレス者を把握することによって、対象者がストレスにより体調不良を申し出た時対応しやすくなった。
  • 工夫したところ
    健康診断と同時に行った。

コミュニケーションの促進

  • 期間
    2005年03月~現在継続中
  • 取組内容
    バドミントン、フットサルのサークル活動、会社の全社員でのボウリング大会を実施し、コミュニケーション促進を行った。
  • 取組に対する成果
    普段の仕事で部署が異なる人同士、コミュニケーションをとることができ、普段の仕事でも円滑にコミュニケーションをとることができるようになった。
    特にバドミントンとフットサルのサークル活動は社員同士の団結が強まった。
    バドミントンはオリンピック選手も出場する全国大会に3年連続出場し、オリンピック選手も所属するトナミ運輸さんとも対戦できた。
  • 工夫したところ
    サークル活動、ボウリング大会への参加を社員に促した。

禁煙対策

  • 期間
    2020年03月~現在継続中
  • 取組内容
    会社の屋内での喫煙場所を廃止し、屋外だけで多くの社員が通る通路ではなく、人通りの少ない場所へ喫煙場所を移動した。
  • 取組に対する成果
    受動喫煙が起こらない離れた場所に喫煙場所を設置したため、受動喫煙になる機会が少なくなり社員の健康を維持できた。
  • 工夫したところ
    受動喫煙が起こらない離れた場所に喫煙場所を設置した。

受診勧奨の取組

  • 期間
    2010年04月~現在継続中
  • 取組内容
    健康診断で結果があまりよくなかった社員に、かかりつけの病院を受診するよう促した。
  • 取組に対する成果
    かかりつけの病院を受診する社員が増えた。

産業医または保健師が健康保持・増進の立案・検討に関与

  • 期間
    2015年03月~現在継続中
  • 取組内容
    健康診断で結果があまりよくなかった社員に対して保健指導を行い、その場で採血などの再検査を実施した。食生活の改善など保健師が社員に指導する。
    産業医の先生が社員の健康診断の結果をチェックし、緊急に受診が必要な社員などすぐに連絡がある。
  • 取組に対する成果
    産業医の先生に健康診断の結果をチェックしてもらうので、緊急に受診が必要な社員が分かりすぐに対応できた。

管理職及び一般社員それぞれに対する教育

  • 期間
    2020年01月~現在継続中
  • 取組内容
    職長を対象としたメンタルヘルスの講習会を実施した。
  • 取組に対する成果
    職長に部下に対する適切な対応を学び、仕事での意識付けができた。

治療と仕事の両立支援

  • 期間
    2015年03月~現在継続中
  • 取組内容
    闘病しながら働く社員を在宅ワークで治療と仕事と両立させた。または傷病手当を使い、治療に専念し、職場復帰を目指した。
  • 取組に対する成果
    病気の治療をし、回復したらまた元気に働くという社員の気持ちがポジティブになった。
  • 工夫したところ
    定期的に対象の社員に状況を聞き、コミュニケーションをとり、仕事復帰への話し合いをした。

保健指導の実施

  • 期間
    2010年04月~現在継続中
  • 取組内容
    毎年健康診断で結果があまりよくなかった社員に対して、保健師による保健指導を行った。
  • 取組に対する成果
    採血など再検査をしたり、食生活の改善などのアドバイスし、社員の健康維持に努めた。
  • 工夫したところ
    会議室で仕切りを設置し2組同時に保健指導を実施し、社員が保健師と話しやすい環境を整えた。

食生活の改善

  • 期間
    2015年01月~現在継続中
  • 取組内容
    お昼のお弁当のメニューでカロリー表示とアレルギー物質の表示をし、社員の健康維持に努めた。
  • 取組に対する成果
    アレルギーがある社員はその日のお弁当の注文をやめ、自分でお弁当を持ってきて対応できるようになった。
  • 工夫したところ
    社員が見やすい食堂の位置に表示をした。

他の企業等への健康経営の普及促進

  • 期間
    2020年01月~現在継続中
  • 取組内容
    銀行さんなど会社に来社されるお客さんに健康経営の取り組みをしていることを話し、普及に努めた。
  • 取組に対する成果
    来社されるお客さんが健康経営について興味を持って下さるようになった。
  • 工夫したところ
    自社で行っている健康経営の内容を具体的に分かりやすく説明した。

規模から探す

業種から探す

取組内容から探す