1. HOME >
  2. 登録企業の紹介(検索) >
  3. 山八商事株式会社

印刷する

山八商事株式会社

ヤマハチショウジカブシキカイシャ

  • 31~100人
  • 卸売業
  • 山八商事株式会社
所在地 〒443-0044
愛知県蒲郡市宝町3番12号
URL http://ys-group.co.jp/company/
社員数 33名
業種 卸売業
業務内容
寝具・インテリア製品製造・販売
不動産開発・賃貸業

健康経営に関する
自社のセールスポイント

健康経営に関する自社のセールスポイント

健康経営に対する自社のセールスポイントは、一言でまとめると「会社はお節介と言われても社員の健康管理のためには労力をいとわない」という姿勢が挙げられると思います。寝具やインテリア商品を扱う事業であることから、睡眠や健康とは切っても切り離せない日常業務を行っている以上、社員自身が健康的でなければ商品の説得力にも欠けるという想いから始まった当社の健康経営は、毎年常に新しい制度を取り入れながら改善する習慣が出来上がっています。今年は特に新型コロナウイルス感染症という「見えない恐怖」に対してできるだけの対処を行うことが課題となりました。品薄となったマスクや消毒の手配の奔走、抗体検査キットの手配と定期検査の実施、テレワークや時差通勤の導入、インフルエンザとの併発回避などで対応し、社員本人は当然のこと家族に対しても罹患回避への姿勢を十分に理解してもらえるように心掛けました。今後も全社一丸となって制度の改善を目指してまいります。

すべて開く閉じる

取組状況について

50人未満の事業場におけるストレスチェックの実施

  • 期間
    2020年11月~現在継続中
  • 取組内容
    従業員50人未満の中小企業ということで、労働安全衛生法に定められたストレスチェックが義務化されていないものの、身体的な健康維持と同時にメンタルヘルスについても発生事態を防ぐ未病の概念もって対応していこうという会社方針の下、ストレスチェックの及びメンタルヘルス不調の可能性がある社員や希望者に対しては産業医との面談を斡旋する制度を導入している。
  • 取組に対する成果
    積極的なストレスチェックへの対応が進んでおり、最終的には一人残らず継続的かつ自主的にチェック協力を行うことでメンタルヘルス不調者を把握する体制ができている。不調者発生時の相談窓口の設定も行ったことから、実際に発生した場合も慌てることなく対応できるフローを組み立てることができた。
  • 工夫したところ
    メンタルヘルス不調は、一般的にはネガティブなイメージ(恥ずかしい・情けない・精神的に弱い・ストレス耐性がない)が強く、ストレスチェックに際しても意図的に強がるような回答をすることがないよう、ストレスチェック開始前に代表者自らメンタルヘルスの維持の重要性について社員全員に対して情報発信の場を作った。 具体的には、①誰にでも発生する可能性があること ②恥ずかしいことではないこと ③不調を少しでも感じたら我慢することなく対策を講じることが重要であること について説明し、全ての豊かさの根元は肉体的・精神的な健康の維持にあることを説明することで、精神的な負担を軽減することを心がけた。

保健指導の実施

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    再検査項目の受診勧奨と同様に、健康診断実施機関から保健指導のための来院を呼びかける仕組みを作り、メタボリックシンドロームや生活習慣病に対して社員自身の改善意識を高める仕組みを作った。
  • 取組に対する成果
    生活習慣病が引き起こす重篤な病気について社員本人に理解してもらう場ができた。その上で保健師と日常生活の振り返りを行いながら、無理なく継続できる改善する具体的な目標設定を行っている。
  • 工夫したところ
    生活習慣を変えることなくこのままの生活を続けると、どのような結果に結びつくのかを理解する点から指導を開始してもらった。また業務時間中に保健指導を受けることを容認することで、健康診断の結果が判定されてから間を開けることなく保健指導を対象者全員が受診することができた。

従業員の感染症予防

  • 期間
    2014年11月~現在継続中
  • 取組内容
    従来から会社の費用負担によるインフルエンザワクチン接種に加え、今年は新型コロナウイルスに対して会社の費用負担による定期的な抗体検査の実施、また3月から5月にかけてのマスク入手困難時期に会社として不織布マスクを中国で生産委託、輸入を行うことでマスクを確保するとともに、現在でも隔月にマスクを無償配布している。
  • 取組に対する成果
    インフルエンザの罹患率は全国平均で8~10%程度だが、当社グループでは毎年1人程度(約3%)の罹患に抑えられている。また新型コロナウイルス感染者は出ておらず、心理的にも安心して働くことができている。
  • 工夫したところ
    インフルエンザワクチンの接種は職場に医師が往診するように手配し、予約の手間と業務上負担の軽減につながっている。また抗体検査キットや不織布マスクも一定量備蓄していることやテレワークを継続していることで今後、感染者が拡大時した際にも心理的に不安定な状態にならないように配慮した。

受診勧奨の取組

  • 期間
    2019年04月~現在継続中
  • 取組内容
    健康診断において再検査項目が発生した社員には、受診医療機関から本人に対して受診勧奨の連絡及び来院のアポイントメント取りの連絡を入れていただくよう手配をしている。受診勧奨対象者に対しては実際のアポイントメント日時の報告を徹底し個々における具体的な改善対策の立案を行っていることを確認している。
  • 取組に対する成果
    健康診断での再検査項目が発生した社員の再受診率は100%を達成している。また再受診の際に指導員と無理のない、具体的な改善目標を書面に落とし込み、後日でも目標の再確認ができる状態にすることで指導項目が放置されることがない仕組みとしている。
  • 工夫したところ
    健康診断実施医療機関と、あらかじめ再検査項目が発生した社員に対して来院のアポイントを入れていただくよう依頼をしておき、社員の自主性に完全に任せることなく、確実に再来院までの流れを作ることを心掛けた。

健康増進・過重労働防止に向けた具体的目標(計画)の設定

  • 期間
    2019年09月~現在継続中
  • 取組内容
    過重労働防止について、残業時間管理を人事総務部だけではなく会社経営陣が参加するグループ経営会議で詳細に報告しています。残業時間の圧縮及び残業時間が発生する要因の分析及び対策まで毎回確認する仕組みをとっております。
  • 取組に対する成果
    上長が残業業務内容を把握し、残業が多い社員に対して業務内容の軽減や人員配置の見直しにつながっています。
  • 工夫したところ
    事前残業申請時に、必ず上長から社員へ残業業務内容の確認をおこなうよう徹底いたしました。

コミュニケーションの促進

  • 期間
    2000年02月~現在継続中
  • 取組内容
    職場及び職場を超えたコミュニケーションの促進、意見のやり取りを常に意識しており従業員互助会を中心として、コミュニケーションイベントの立案を行い、会社としてはそれを側面で支援している。
  • 取組に対する成果
    昨年は香港への社員旅行を実施し、今年はコロナ禍により実施が延期されているが従業員家族を含めた国内日帰り旅行を立案していた。また会社全体での歓送迎会や忘年会が控えられる傾向の中でも社員総会や会食場所を分散させた小規模食事会などは維持するとともに、自由参加とすることで社員の心理的な負担の軽減も行っている。その他、来期はゴルフコンペなどのスポーツイベントの再開も模索していく。
  • 工夫したところ
    主催者を会社ではなく従業員互助会とすることで、参加について強制ではない点を前面に打ち出すことに配慮した。特にコロナ禍においては社員本人がどう思うか、という点に加え家族がどう思うかにも配慮する制度とした。またイベントの種類によって従業員によって参加できる、できないの平等性に差が発生する可能性があるのでさらに改善を目指している。

食生活の改善

  • 期間
    2020年11月~現在継続中
  • 取組内容
    外部サービスを利用し、栄養士のアドバイスに従って食生活の改善をサポートするアプリを提供。
  • 工夫したところ
    サービスに関する資料やアプリの登録~使用方法などを社内SNSへアップし、全体ミーティングの場で詳細を説明しました。特定保健指導対象者へは個別に、アプリ活用を特に推進しています。

運動機会の促進

  • 期間
    2020年11月~現在継続中
  • 取組内容
    外部サービスを利用し、職場や自宅で手軽に楽しく実践できるエクササイズ動画を案内する運動機械増進アプリを提供。
  • 工夫したところ
    サービスに関する資料やアプリの登録~使用方法などを社内SNSへアップし、全体ミーティングの場で詳細を説明しました。運動機会の少ない社員に対しては積極的に活用するように働きかけも行った。

メンタルヘルス不調者への対応

  • 期間
    2020年11月~現在継続中
  • 取組内容
    外部機関と提携し、対面や電話によるカウンセリングを行うメンタルサポートサービスを導入。
  • 工夫したところ
    サービスに関する資料やアプリの登録~使用方法などを社内SNSへアップし、全体ミーティングの場で詳細を説明しました。積極的な活用を促し、心の問題を早期に解決するよう周知いたしました。

女性の健康保持・増進に向けた取組

  • 期間
    2020年11月~現在継続中
  • 取組内容
    外部機関と提携し、医師、保健師、看護師等の専門スタッフが24時間365日対応する、電話健康相談サービスを導入。女性特有の健康課題に関する相談にも対応。
  • 工夫したところ
    サービスに関する資料やアプリの登録~使用方法などを社内SNSへアップし、全体ミーティングの場で詳細を説明しました。

規模から探す

業種から探す

取組内容から探す